カフェ バイト 体験談

カフェのバイト体験談|ドーナツのチェーン店

ドーナツが大好きだったのに・・・

 

大学時代に、某有名大手ドーナツチェーンでバイトしていました。
某って言っても、わかるとは思いますが(笑)

 

時給は自分の周りの友達と比較すると、完全に一番安くて
その上交通費も出なかったのですが

 

2時間に一回ドーナツ休憩というものがあることに惹かれて
そこのバイトを始めました。

 

メンバーには恵まれて、バイト自体はすごく楽しかったし、
休憩時に好きなドーナツ一個と好きなドリンクが飲めるというのもかなり魅力的でした。

 

ただ、一ヶ月もバイトを続けると、かなりのドーナツを食べてますから
そろそろ飽きてきてしまって、ドーナツが美味しそうに思えなくなってきてしまいました。

 

そして、とうとう二時間に一回のドーナツ休憩もドリンクだけになってしまうという・・・

 

閉店まで仕事をすると、余ったドーナツは持ち帰っていいことになっているのですが
それも最初は嬉しくて、たくさんもらって帰れて良かったですけど
同じように飽きてきてしまって、人にあげることがほとんどになってしまいました。

 

ホールをやりたかったので・・・

 

大学に入って初めてのバイトをしようと思って選んだのが
以前から興味があった喫茶店での仕事でした。

 

まず、どの喫茶店でバイトするかを考えて
某大手のチェーン店で働くことにしました。

 

面接は多少緊張しましたが、かしこまった面接というよりは
お話をしたという感じで、リラックスさせながら受けさせてもらえたという印象です。

 

採用されて、最初に教えてもらったのはお客様を迎えるマナーです。
さすがに、大手のチェーン店なのでそれなりに厳しかったです。

 

その次に皿洗い、調理と教えてもらったのですが、
僕は調理ではなくホールをやりたかったので、半年で辞めてしまいました。

 

モーニングとお茶の時間帯はお客さんで賑わいますが
他の時間帯はお客さんも少なく、雑談をして終わってたな〜と思います。

 

初めてのバイト先としては、良かったと思っています。