カフェ バイト 体験談

カフェのバイト体験談|病院の中のカフェ

お医者様の密談

 

ある県にある、病院の中のレストランで働いていました。
お客様は、患者さんもいらっしゃいますが、休憩中のお医者さんもいらっしゃいました。

 

お医者様の会話をコッソリ聞いていると
結構面白い話がたくさんあり、楽しかった思い出があります。

 

外科のお医者様は、手術の話をしながら、
紙に臓器の図を描いて、みんなでかなりリアルな話をしながら
ステーキを食べている方もいれば、
だれだれ教授を陥れるにはどうしたらいいいか?という密談をしていたお医者様も。

 

こういうのって、テレビの世界だけじゃなくて実際にあるんだな〜って思いました。

 

また、ウェイトレスの中に霊感が強い女の子がいて、レストランの入り口に霊がいるとか、
霊がいる間は、患者さんがくつろげないとか、病院にあるレストランという感じで楽しかったです。

 

いい加減な店長

 

ネットカフェではなく、マンガ喫茶でバイトをしていました。
と言っても、今あるマンガ喫茶のイメージとはちょっと違って
喫茶店に漫画があって時間制というお店です。

 

ホールが2人、調理担当1人という体制で運営しているお店でした。

 

ドリンクバーもあったのですが、使用すると時給100円引きにされるし
賄いは7時間以上働かないと出さないという
あまりバイトの扱いは良くなかったですね。

 

店長があまり仕事ができる人じゃなかったので
シフトを延長してほしいと頼まれることが多かったです。

 

賄いは実際の所、七時間以上働いても調理の人の気分のようなもので
出ることもあれば、出ないことも。

 

そんな状態なので、バイトの数も減り辞めようと思ったのですが
慣れてしまったのと、賄いやドリンクバーが基本つくようになって
さらに給料も少し上がったので、辞めませんでした。

 

だんだん慣れてくると、店のことを考えるようになってました。
回転があまり良くないので、どうやったら効率よく回転をさせることができるかとか
他に、こんなサービスをつけたら良いのではないか?などです。

 

後半は結構楽しかったです。