カフェ バイト 体験談

カフェのバイト体験談|彼氏ができました

電話番号を渡しました

 

カフェで働いた時、いつも同じ席に座る常連のお客様がいました。

 

私がバイトする前から、その席が気に入っていたみたいで
バイト仲間の間でも有名な人でした。

 

見た目は大体27歳くらいで、席に座ってよく本を読みながら
ブラックのコーヒーを飲んでいました。

 

最初のうちは特に気になることもなく
「あの人コーヒー飲み過ぎだな~」と思う程度でした。

 

でも、ある日を境にそのお客様はお店に来なくなってしまって
なぜかそれから気になる存在になりました。

 

それまでは「いらっしゃいませ」とか「ご注文は?」といった、
本当に一般的な接客でしか話したことはなかったのに自分でも不思議でした。

 

お店に来なくなってから2ヶ月後、その人は突然来店しました。
その日は、物凄く嬉しかったです。

 

せっかく気になる存在ができたのに、もう二度と会えないとか寂しいので。
嬉しかったのはいいんですが、そこからどうしようか相当悩みました。

 

いままでの恋愛は全部相手から告白されるばかりで
自分から告白したり声をかけたりしたことはありませんでしたので
もう来ないかもしれないと思ったら、声をかけたかったけどどう声をかけていいのか分からず・・・

 

大体いつも4時間くらいはお店にいるので、その間ずっと悩んでいました。
どうすれば、お店以外の場所でこの人に会えるかな?

 

いろいろ悩んだ結果、もうどうしていいか分からなかったので
携帯番号を書いた紙を作って、「もし良かったら連絡もらえますか?」と言って渡すことにしました。

 

その時ちょっと困った顔をしていたのでかなり不安でしたが
「ありがとう」と言ってくれたので、ちょっとホッとしたのを覚えています。

 

その3日後に、彼から電話が。
「もし良ければ、今度お茶しませんか?」って。

 

最初は何を言われているのか分からなくて、「ご来店されるんですか?」と言ってしまって
そしたらメチャメチャ笑われて。

 

デートの御誘いだったんだ!と途中でようやく気づきました(笑)
勇気を振り絞って番号を渡して良かったです。

 

今では私の彼氏です♪